hateruma’s diary

遺書のようなブログ。

宝くじの、当選

昨日、

先日買った宝くじの当選番号発表があった。





当選に向け、家を綺麗にしたりトイレ掃除をマメにやったり浜辺のゴミ拾いしたり、普通にゴミ拾いしたりしてたけど、

その間にショックな出来事もあって落ち込んだり泣いたりしたからもうダメかな………運は落ちた…………と思ってたら、







まぁ



そんな通りの結果だった。









ごちゃまぜの家に送ろうかしら???と思ってた宝くじの番号だけが当たってて、末尾一桁当選、の100円。






まぁ、 そんなとこでしょうか。





平凡な、凡凡な結果(笑)







100円くじを連番で10枚買ってたから、1000円。



たった100円還元されるだけなら、

宝くじを買う分で美味しいもの食べたりお土産買ったりしたほうが良かったのかな???





こんなことで悩むから凡人のままなのか。








うーん。








でもまだまだ努力も足りなかったのでしょう。







まだまだ部屋の中も乱雑。




内地から持ってきた本も段ボールに入ったまま。






窓ガラスに貼ろうと思って買ったUVフィルム、買って何年放置してる?!











あぁぁぁぁぁ







まだまだやってないこと、あります。








それらが出来たら、当たるのか。








いつかは、当たる気がしてるんだけどなぁ。。










当たったら、



家を赤瓦に建て替えて




島の土地を買って自然を守るんだ。








自然環境に良い製品もいっぱい仕入れて、広めるんだ。




不法投棄の粗大ゴミらも片付けるんだ。






いろいろ、余裕を生むことで
島の伝統芸能も守っていくんだ。
















宝くじ一枚で妄想たくさん。

静かな復活

ぶっちゃけ、


閲覧数がゼロの日が普通~に続くので、

ネットなのに誰が見てるとか気にせず書けるようになってきました。






凡人による自己満足なヒトリゴトばかり書いていますが

どなたかの暇つぶしにでもなれば幸いです。
























昨日は、



勇気の一歩を踏み出し実行できたものの、



お相手様にも嫌な気分をさせてしまう結果にもなり、



大変な自己嫌悪に陥りました。




自分だって偉そうなこと言えるほど立派じゃないのに、

ごめんなさいです。



本当に、ごめんなさい!!!











感情が爆発した時じゃないと

物言えないオイラ……………





コミュ力の低さを痛感。







てか、

その前にあまり人間好きじゃない。

興味も、あまり ない。












仕方ないかぁ。。
















人対人だと、

やるだけやっても後悔することが多いですね。。



「何もしないで後悔するよりかはマシ」    と思って人生歩んできましたが、


相手が人だと

やるだけやっても後悔する事態が勃発します。






価値観の違いや、それぞれの感情があるからかなぁ??







勘違いとか、

すぐ拗ねて人の話聞かないタイプのタチの悪い人とか




あぁでも、そおいうの、自分にもあります。













自分だって







ズルかったり、都合の良い面ばっか見てたり、理屈こねたり、逃げたり、


あぁ… 大いにあるよなぁ。。。。と。



相手に見える汚い部分は、自分にもあるものです。





オイラが、汚いんだなぁ。。


波動とかも、低いんだろうな。。




テンション低いのは認めるが。








きっと、


島に落ちてるゴミが気になるのも、





ゴミ拾いでもして得を積みなさい、ってことなのかも。






波照間島は、


神様の島だもんね。








神様に、
お前はゴミ拾うくらいしか脳がないから拾って得も拾えと、導かれてるのかも。。( ´∀`)












ちなみに、



ゴミ拾いって《下坐行》(げざぎょう)という、

得を磨くためにわざわざ自分を低い場所に置く修行のことでもあるようです。



知らず知らず、修行してた。。?





また、


ゴミを拾う、掃除をする時の頭を下げる動作は、祈る動作にも繋がるそうです。





今よりもっと、波照間島が神の島と呼ばれた時代、当たり前に毎日家の周囲を掃除し、綺麗にしていたのも頷けます。
今でも、おばぁ達は当たり前に掃除し、いつも綺麗にしていますが、最近の人になると、あまりやらないなぁという印象の人もいます。

私も、マメにやっているつもりですが疲れている日はやらなかったり、まだまだ毎日やるには及んでいないのが現実……。まだまだですね………





行動は気持ちから。



気持ちがあるからこそ行動ができる。





何でもかんでも除草剤をかけて掃除を済ます人もいる昨今、
流石に除草剤は人も土も海も病気になってしまうので、そろそろこの辺で改めていきたいです。














ちなみに、


『自分の心を磨く』

と云ったりしますが、


見えない心を直接磨くことはできないので 


目に見える身近なものを磨いていくと良いそうです。








家を掃除したり、

部屋を片付けたり…………



私は、今日久々に雑巾かけをしました⤴



床や壁や棚の上などはもちろん、

玄関の扉や土間もふきふき………

いつも気になってたけど見ないフリしてた所の大量のホコリもふきふき…………







昨日、

色々あってお相手様にも嫌な思いさせちゃった懺悔も含めてふきふき…………ふきふき…………








元々 掃除は好きでしたが、


更にモヤモヤも拭き取ったようなスッキリ感がありました♪







これは、断舎離すると運気upとか、こんまりメソッドで片付けすると人生が変わる!
とかにも共通してるような。。







やっぱ掃除すること、綺麗にすることって大切なのでしょう。



身体も、腸内が綺麗だと健康に美人になりますものね。











色々、

島にいると島が故、たくさんの嫌な想いもします。心をえぐる辛い想いも、たくさんしてきました。








それでも、



私は恨んで気を晴らすようなことはしたくない。








それだけは、








どんなに不恰好でも失敗したとしても、




守っていきたいと思っています 。

青空の向こう側

色々あって、


まだ泣いている。





私は泣き虫だ。













いたたまれなくなって、




居場所がなくて、





仕方なく浜辺に来た。







猫の額ほどの日陰に横たわり、雲ひとつない空を見た。







自分が哀しい時ほど、



皮肉なくらい綺麗な景色が見れる。











青空の向こう側には宇宙がある。



でも、

今は昼間。





青空の向こうの宇宙の漆黒は見えない。







光で満ちているところからは、闇が見えない。








ふと、そんなことを思った 。














自分の哀しみをぶちまけたくて、




とりあえず言いたいことは言ったが




それがベストだったかは全く分からない。






結果、お互いに嫌な悔恨を残しただけかもしれない。





ただ、



自分は陰口に走らず直接言ったぜ!という自己満足が残る。








結局は自分も自分の欲を満たすために行動するだけ。







良い人にはほど遠く、




ただただ自己嫌悪だけが残る。



















自然は、



人間に伐採され、農薬で枯らされて、


恨みやしないのかと思う。





自然に感謝して生きてる人なんてごく一部だ。

大概は、当たり前過ぎて改めて感謝する人はあまりいないだろう。




そんな扱いで、嫌にならないのかな??









そんなことを思う。










人間だったら、



当たり前に働かされて、感謝もされなかったら死にたくなるんじゃなかろうか。









何度 除草剤で枯らされても、耐性を身に付けて生えてくる植物たち。



本当に凄いです。



むしろ、汚染された土を浄化さえしてくれる。

物も言わず。







彼らは、人間を恨んでもいい筈なのに、




恨んでいるのでしょうか ??












とりあえず、




毎日 






光合成しては我々に必要不可欠な酸素を供給してくれています。







直接、


恨みごとを言われることもありません。














有り難いですね。














非常に、



有り難いものだと思います 。

眠れない夜に。

眠れません。





哀しみの淵に、降りてしまったようです。
















私は、


島にいて自分が島出身ではないことで、差別されてんな~と思うことがしばしばあります。

被害妄想ではなく、軽じられた発言をされたことが多々あります。
私が女であることも、起因してると思う。


日本自体が、基本的に男尊女卑。






恨む訳ではないけど、

そのことで深く傷つき、今も哀しく想います。





差別は人を深いところで傷付けるんですよね。







これは、体験した人じゃないと分からないかも。





人を、肩書きや出身地で差別するのは、誰であっても止めたほうがいいよ 。




私からの、お願いです。









いま世界で起こっている戦争や支配も元を辿れば差別な訳で。





差別、根深い!










私はね、○○人とかじゃなくて、みんなひっくるめて地球人だと思うことにしている。


宇宙人が出てきたら、みんな宇宙人だ。

















石垣島の選挙で、どおいう訳か受付で男女を分ける所があったそうです。


性別的にマイノリティな人は、当然、そんな所に行きません。てか、行けない。

選挙するのに男女なんてどうでもいいこと。



僻地って、まだまだ差別があって遅れている。


とても、哀しいね。。









人を差別すれば、簡単に優越感に浸れる。


感情のある人間は、時にそんな風にもなります。






優越感。誇り。


必要とされたい、ということでしょうか??











人は、





本当の『ありがとう』が欲しいんだと思います。



そんな風に想いました 。










本当の『ありがとう』があったら、


どんな状況でも生きていける。









逆に、本当のありがとうじゃないと、途端に虚しくなる。生きてる意味を見失う。





となると、


よくある生きる意味とは。





本当の『ありがとう』を貰うことなのでしょうか ??










どちらにせよ、



『ありがとう』はためらわずたくさん言ったほうがいいみたい。














旅している時、





毎日 毎日



『ありがとう』を言っていました。






それだけ、



たくさんの方にお世話になりました 。








本当に 本当に


ありがとうございました。









百万回言っても、足りない。















全人類が、みんな旅をしたらいいのにと思う時があります。





旅は、波のごとく最高に良い時もあれば悪い時もあって。





本当に困って、困って、途方にくれて、

そんな時に手助けてくれた人の存在が、神様に見えるから。





自分のちっぼけ具合が如実に分かるので、


まず謙虚になれます。





ダサいだけと思ってたオバチャンも、駅までの道を知ってるだけで女神様! みたいな経験は、やっぱ旅にでも出ないとなかなか体験できません。
裸一貫で、知らない土地に行ってみないと、ね。








だからか、


旅が長い人(困難も含めた旅をしている人ほど)、だんだん優しくなって神様みたいになっていく。髪も伸ばしっぱなしで仙人みたいな風貌の人もいたりしますが(笑)







たくさんの『ありがとう』を知っている人は、

優しくて


大きくて、




私は大好きです。








旅人は、一ヶ所にいられないから、世間的にはダメ人間かもしれないけど。












自分は優れてると思っている人より、




自分のダメさ具合も痛感してる人のほうが、




私は好きなのです 。 

希死念慮

きしねんりょ。


確か、タイトルに書いた漢字で合っていたと思うのですが、

私はこの“きしねんりょ”という何かあるとすぐ死にたくなる思考のクセが幼稚園の頃からありました。


(※漢字、間違えてたので修正しました)


今日も、猛烈に死にたくなることがありました。




カネに執着してる訳じゃないけど、カネがない限りは我が子に食べさせるロクなものも手に入らない。

旦那は《損して得とれ》が行きすぎて私達が日頃手入れしてきて育てた収穫物を自分らより裕福な暮らししてる人らにあげてしまう。

合間を縫って手伝ってきた仕事、「大したことじゃない」と切り捨てられました。



私は、

どうするのが正解なのだろう???



怒りも通り越し、分かりません。





別に、他人を犠牲にしてまで裕福な暮らしを目指している訳ではないですが、

自分らの生活を犠牲にしてまで他人を裕福にしてやる気もありません。



自己犠牲が美しいなんてサラサラ思いません。それは、奴隷根性でしょ。


お金関係なく好きなことのためなら働きますが、
利用されてるならやりません。






全てが哀しくなりました。





どんな仕事も尊いものです。




「大したことじゃない」ってのは、自分で、自分の仕事をそう扱ってるからじゃないんですか???









自分を大切にできない(大切にしていい許可が出せてない)から、他人も粗末に扱う。





その根っこは、多分 親子関係にあります。もしくは幼少期に。



自分にその自覚が無い場合、他人がどうこう変えるのは難しいでしょうね。多少変えられたとしても、本当の意味では解決しないでしょう。





無力感でいっぱいです。






怒りも通り越したと書きましたが、

本音は怒りでいっぱいで、身体が震えていました。


今、何か言っても感情的に攻撃的な悪口雑言を吐き出すだけだと思ったので黙っていました。 

言いたいことを言わないでいるのも極めて不健康ですが、口は災いの元、一応、黙って我慢しました。






ですが

あまりにも悶々として怒り沸騰中だったので、

やんややんやとネット検索して色々な記事を見ていました。

何か解決策があれば知りたい。

やんややんや。











結論、




ムラキテルミさんのブログを見ていたら、すぅっっと怒りが収まっていきました。


何も解決策は思い浮かばなかったけれど。




ムラキテルミさんほどの人でも、日々悩み、模索しながら生きてるのを見てしまったら、

私など、まだまだ努力不足だったと、そんな風に想いました。




何だか分からないけど、そう思った。



かといって、何が解決した訳じゃないけど、


私には私の人生があり、アホに付き合ってる時間は無いのです。
自分を幸せにしてやるだけでも、やることが多くて時間が足りないくらいです。






とはいえ、



辛い気持ちは辛いです。







今でも、死にたいと思うのはそこにしか『希望』がないから。


「死にたい」と想うほど辛い想いをしているから死にたいのです。

だから、よく「死ぬな」とか「自殺はダメだ」とかいうけど、
それは、『死』にしか希望がない人の唯一の希望までを削いでしまうから、できたら言わないでいて欲しいと思います。

自殺がダメってのは、いきなり死なれたら家族が困るとか、後処理する人の迷惑になるからとか、だからなんですよね。。私はそうだと思う。だから自殺したがってる人に自殺はダメだよ、って何の救いにもならない。

時には、死んだっていい。

どうせ、今が死に時でなければ自殺したって死にません。苦しむだけ。そおいうものだよ。


それでも、死を選んだ人もいるでしょうが、とても、苦しんだでしょうね。。島でも昔、除草剤飲んで自殺した人がいるようですが、除草剤って致死性はあるけど即死はできないんですって。飲んでから一週間位、なすすべもなく苦しみ、死んでくそうです。

私も、ちょっと前までいざとなったら除草剤飲んでやる!とか思ってたけど、コレを知って除草剤は止めようと思いました。

安全自殺マニュアルとかいう本によれば、最も苦しまずぽっくり死ねるのは○○らしいですが、○○をここで書いてしまうのは控えておきましょう。



どちらにせよ、死ぬのはいつでもできます。

ただ、生きてれば、心の底から「生きてて良かった!!!」という出来事にも出逢える時が(いつか)あったりする。




幸せは自分で掴むものだから、


自分から掴みに行きましょうね。




多分、そおいうことなのだと思います。








越えられない壁はないと言いますが、

時には壁を避けて歩いていくのも『アリ』だと思います。

ヒッチハイクして楽したっていい。



ヒッチハイクするのにも、勇気と度胸、コミュニケーション力が問われます。






私は、



何も我慢するのが良いとは思わないし、

言いたいことは言って、喧嘩したほうが良いと思う。


ただ、私は親がキツいことを言う人達だったんで、
言うとなるととてもキツい言い方になるんですね。私にとってはそれが普通だったんだけど………他の家庭の子にとってはそれはそれはキツいらしいのです。
だから、カッとなって物言うのは控えてる。
冷静に、やんわり言おうとすると相手にとってはすごいイヤミになるみたいだし。
どちらにしてもダメ。下手なんだね。。


不健康極まりないけど、口は災いの元、更なる火種を増やすくらいなら、と我慢。。自分が成長するいい機会にさせてもらうくらい。



親との仲が良くない環境で育つと、一生不自由をします。こんな子が、もう出てこない世の中になったらいいよね………


幼稚園児の頃から起死念慮を抱えてきた私が想うことは、その一点なのです 。

日々是 だらだら坂をゆく

毎日ブログを書こうと思ったものの、それなりの記事を目指すと時間がかかるので更新が滞りがちですが、

下らないことなら幾らでも書けるよ!という訳で、今日は下らないだらだら記事を書きます。



ちなみに、当ブログは恐ろしく訪問者が少なく、閲覧数がゼロという日も日常茶飯事なので、今このブログを見て下さっている貴方は一億分の一の確率を当てたくらいの稀有な方になります(!)














さて。


台風22号の影響で久々に船が欠航になって静かな波照間島です。



私は、この欠航時の静けさが大好きです。





台風の影響で低気圧もきてるのか?単なる暑さでバテているのかいつもの身体の重さと眠気に襲われていました。
多分、軽度の熱中症であると思うのですが、身内には怠けてると言われ、とても辛いです。いっそ、熱中症で死ねればいいのですが、私自身の生命力が強いようで、身体が辛くなると自動的に休んでしまう防衛力が働きます。中途半端ですみません。










さて。


先日は、裏庭掃除に励み、福木の実をこれでもか!!と拾いました。



福木の実や葉は掃除が大変なので嫌がる人も多いのですが、私は『福』を拾っている気分になれるのでとても好きな作業だったりします。

「『福』の実を拾ってる!!」って思ったら、コレは凄いことですよ。

集め易いように福木自体を棒で叩いて強制的に落としたり、掃除が面倒だからと伐採してしまったり…(!!)なんてする人も最近はいるのですが…………なんてバチ当たりなのでしょう。。

そもそも福木は防風林として我が家を守ってくれているのに。。

建物が昔に比べたら丈夫になったとはいえ、自然の脅威を忘れず、自然への感謝も忘れず、謙虚に生きていきたいものです。。





で、


その福木の実をこれでもか!!と百万個くらい拾いながら、宝くじが当たることを祈っていました。なんだかんだ言いながら、私も邪心に溢れています。

ごちゃまぜの家が存続を賭けて宝くじ購入に走っていますが、

私も、今後の治療費と人生を賭けて
宝くじ…………当たれ…………!!!!!

と念じまくっています。





もし、

一等や二等が当たった際には、自分だけの利益に走らず

ごちゃまぜの家にも寄付します。

佐渡島にも行って稲刈りもできます……!!

ゴミ拾いにも更に精を出します!!




お金があったら…………可能性が広がりますね。。


有り余るほどあったら、

自然環境に良い製品を買いまくって周囲に配るのもいいし、

身体に良いものたくさん買って、たくさん生産者を支持して、更に広めて……………



夢が広がります。




そんなに私利私欲に走った夢ではないので、叶えさせてもらっても良いのではないでしょうか?? 

このあいだ数年振りに買った服なんて一着1200円のTシャツでしたし。。

なんて質素な生活。。自分で言ってて切なくなりますね。。









とにかく、

私と、ごちゃまぜの家のために、宝くじ当たって欲しい………!!!!
















ちなみに、

ネット見てるとちょいちょい出てくる広告の、《○○生まれの人は155年に一度の金運に恵まれる時です!!》の○○に見事私が当てはまっているんですよ~✨✨(でもどっかで個人情報手に入れたヤラセ広告かもしれませんが~)

とにかく、今、私は金運に恵まれてる……!!




そう思い込んでおきます。



思い込み、潜在意識、引き寄せの法則デス。










それにしても、

自分の私利私欲のために宝くじ当選を願うのも楽しいんですが、

それにプラス、《人のためへの使い道》も入ると更に楽しくなりますね◎





ごちゃまぜの家、

私はもう行かないかもしれないけど、

あそこに泊まった時、不思議ととてもよく眠れたので (なんか、すごく守られてる感じがしたんですよね)、
まだまだ存続していって欲しいなと想います☆
















ここまでお読み下さり、ありがとうございました。



ウチマミカ
happyi-hateruma801@ezweb.ne.jp

歯科診療二日目

何度目かの沖縄離島から内地へ歯医者通い、二日連続診療の二日目。

今日は二日目とあって、流石に二日連続で朝からはキツいので午後2時から夕方まで。

東京にいられる時間が限られててるのでできる限り進めたいところだが、身体の限界もあるので我慢。。



朝はゆっくり起きてダラダラと準備。

今日でチェックアウトもするので荷物をまとめて11:00出発。

二段ベッドの下にいる人がどおいう訳かキョーレツに臭くて今日もあまり眠れなかった。

宿に泊まっててシャワーも浴びれる筈なのに、何でホームレスみたいな臭いが????  謎であった。



電車に乗り、鶯谷で下車。
カフェイリヤプラスでランチ。

ここは、一番最初に東京のゲストハウスに泊まった時に知ったカフェで、気さくな雰囲気に加え、一人でもゆっくり座らせてくれるし料理等も比較的こだわった食材を使っているし美味しいので気に入ったお店なのだ。

流石、良い店は地元客にも好かれる、店先には沢山のママさんチャリが停まっていた。


旅行中は多少高くてもちゃんとしたものを食べたほうが体力的に“もつ”ので、食事の回数を減らしつつ、食べる時はちゃんとしたものを心が満足するように食べるようにしている。

ので、がっつりとミートローフと生パスタをハーフずつ食べ、最後にモカバナナシェイク的なものも注文。うん。満足。。
ミートローフ、初めて食べたけど野菜たっぷりハンバーグってカンジで特に美味しいかった。

ランチタイムで満席になってきたので早々に出発。
他のお客さんはがっつりくつろいでいきますモードだったけど、お店側も別にそれに対して嫌な顔する店ではないけれど、やっぱランチ時は特に譲りあいが大切でしょ。長居は遠慮した。
長居したかったら、また空いてる時間帯に来ようっと。




満足したお腹で歯医者に向かい、いざ診療。

今日もなかなかヘビーに削られ、ハードだった。

麻酔を打たれた時、注射器についてたカバーが唇を挟んで痛くて痛くて、でも我慢してたら唇まで麻酔かかったように腫れた感じになってしまって、診療後もおかしな感覚がなかなか消えなかった。
次からはちゃんと我慢できる痛みも痛いと言おう。

どうも私は、我慢強さが災いしているのかもしれない。



夕方、無事に診療が終わり、これにて今日は最終的に羽田空港に行って野宿して明日6:30の飛行機に乗ればいいだけ。

帰り道、新宿で降りてベルクで軽食。
まだ麻酔が効いててあまり食べられそうになかったのでレバーパテと牛肉&野菜のスープをオーダー。

麻酔や、噛み合わせの悪さも加わって、合わない入れ歯で食べてるみたいなフガフガした食べ方しかできなかった。か…哀しい。。。

でもベルクでは一人で食べてても誰も気にしないし、そもそも壁に向かって立食してるので人に見られる心配もない。

フガフガしながら、なんとか食べる。

本当、歯のない人みたいに柔らかいものしか食べられない自分で哀しくなった。
心配なく物が噛めて、食べられるって、幸せだな。。



新宿を後にして渋谷で買い物、

恵比寿にも行ってcafe 猿田彦本店の珈琲が飲んでみたかったけど、あまりに混んでいたので却下。
別の支店も覗いてみたけど、原価率と回転率を意識した落ち着かない造りの店構えだったのでスルーしてきた。
どんなに美味しくても、あんな通路みたいな場所に狭苦しくテーブルと椅子を配置されてたら座ってても落ち着かない。少なくとも私には。

狭さではベルクのほうが上なのに、この嫌悪感は何なんだろう?? カネのニオイなのかなぁ???でもまぁ珈琲はきっと美味しいんだろう。




夜のサラリーマンで溢れる恵比寿を後にして羽田空港国際線ターミナルへ。

国内線は夜中は閉まっちゃうけど、国際線ターミナルだと24時間開いているので野宿できるのだ。


様々な人種が行き交い、長椅子は全て同じような野宿者で埋まっている。

世の中には、自分のような人が意外とたくさんいるものだ。

夜の10時を過ぎてもひっきりなしに人は行き交い、みんな元気。みんなタフだなぁ。。


いつもならここでビールを飲みたくなるのだが、流石に今回は疲れが酷くてとてもじゃないがそんな気になれず、コンビニのおにぎり二個とゆで玉子とワッフルにじゃがりこを購入して腹を満たす。

ワッフル…………砂糖じゃりじゃりで甘くて身体には悪そうだけどやっぱ食べたくなるんだよねぇ。。じゃがりこも、歯がまだ痛いっつーのに食べたくなっちゃった。。口の中でしばらくふやかしてからなんとか食べる。

それにしても
やっぱりコンビニのものは口には美味しいけど生命エネルギーみたいなものが少なくて、食べても食べても満たされた気になれない。。

コンビニ的には、それでまたあれこれ買ってもらえたら儲かるからいいのだろうけど、何だかなぁ。。。

私も、バイトかけもちしてた時とか、よくコンビニのおにぎりを昼飯にしていたっけ。。

コンビニ食は、働けど働けど金は貯まらないエネルギーなのかもしれない。。
便利だけど、利用するのは他に選択肢の無い時に最低限のものだけにしとこう。。確かに、旅行中とかは特にちょいちょい利用させてもらって助かっているのだが。。

やっぱり、石垣島にあるような商店を知ると、血の通ったものを感じて私はそっちを支持していきたい。




腹は満腹になったが、心の満腹度はもやもやしたまま

なんとか空いてるベンチを探して横になった。

ここでどれだけ寝れるかが、明日に響いてくるから少しでも寝とかなきゃ。。


ほんのちょっと夢を見て、翌5:00すぎ起床。

なんとか無事に飛行機に乗り込み、飛行機内ではドリンクも貰わずとにかく寝た。

那覇で乗り替え、石垣12:20頃着。 

12:30市街地行きのバスに乗り、途中下車して買い物・ランチ、14:30港ターミナル着。

15:00発の臨時便があるというので、それに乗り込みいざ島へ。
三人しか乗ってなくて貸し切り状態。がっつり横になって寝る。

17:00頃着。 






そんなカンジでした。